Category Archives: Uncategorized

カードローンとブラックリスト

カードローンとブラックリストの両者の関係は対極の位置にあります。
専業主婦がつい借りすぎてしまい、返済がピンチに陥った時、ブラックリスト報告やブラックリスト追加になるなど不安になる事がありますが、実際にはそのような呼び方のリストは存在していません。

ブラックリスト機能やブラックリスト登録というのは、金融事故情報と呼ばれるもので、カードローンの利用で返済不能となり、信用情報機関に異動情報等として載ったケースを指します。
事故情報名簿と呼ぶ事もあります。

債務整理や長期の延滞などを起こして消費者信用に関わる信用情報機関に登録されたものがブラックリストです。
個人信用情報機関にも種類がありますが、各信用情報機関には、返済に関する事故情報が逐一記録されます。

カードローンの申込をすると、業者は必ず信用情報機関の個人信用情報を確認します。
信用情報機関の記録は正確ですから、情報を見ればすぐにわかりますので、このブラックリストに登録されると、先ず借り入れができなくなります。

最低で5年、最長は10年に及ぶことがあります。
特に自己破産をした場合は最長で10年間は新規の利用が制限されます。
つまり、カードローンを含めた消費者信用の世界で信用がないという状態でもあるのです。

では、一度信用がゼロとなれば、二度と復帰することはないのか、その答えはノーです。
情報の登録には期限があります。

先の最低・最長期間が一例で、発生日から登録期間が始まっていますので、債務整理などを行った時期と多少のズレはあります。
ブラックリストの登録から外れると、情報は白紙の状態ともなり、信用回復に向けて実績を再度つくる段階になります。
カードローンの利用に関してはブラックリストから外れても、利用できるところと利用できないところに分かれます。

特に事故を起こした金融会社では利用できないことがあります。
利用するのであれば、事故を起こした以外の会社から始めてみることです。
実績を積めば、ローンの契約など、消費者信用に関わる商品・サービスの利用範囲が広がります。

決して退場という意味ではありません。
利用に関して一定の制限を設けているだけです。
カードローンの怖さと利用できない不便さをリストの登録期間で味わうことになり、そこには更生的な意味合いも含まれます。
生活ができなくなるほどのインパクトはありませんが、金銭的な面に関して不自由さも生じることもあり、カードローンの利用の仕方について再考を促す期間でもあります。
カードローンで借りたお金は使い道は自由です。
友人の結婚式や買い物、毎月の生活費など好きに使えますが、生活に影響が出るような使い方は、各信用情報機関に悪い情報として記録される事を覚えておきましょう。

sck1108-fru01-02自由に使えるカードローンサービスはこちら!