無職の人ってカードローン利用できるの?

無職の人がカードローンの利用と借入をすることは基本的に難しいと言えます。
理由は収入がない方は審査が通らない確率が高いからです。
ひとくちに無職といっても様々なケースがあります。
派遣会社に登録しただけ、病気で療養中、あるいは失業中など一時的に職を失っている場合も含まれますが、カードローンの審査の基本は現時点とその先の返済能力を問題にしています。
過去の収入は不問で、今どれだけの収入があるかで審査が行われています。

例えば、専業主婦も無職と言えますが、こちらは銀行のカードローンが利用できることがあります。
利用できる理由は銀行のカードローンは総量規制の対象外となっているからです。
事実、ネットバンクなどのカードローンでは専業主婦も利用可能となっています。

しかし、銀行以外の消費者金融や信販会社では総量規制の対象となっていることから利用はできません。
パートやアルバイトなど定期的に収入が入る方であれば借り入れも可能です。

収入があることを基準にして、安定していることが先ずカードローンの利用条件になるのです。
カードローンに関しては無職の方は先ず審査に通らないことが多いでしょう。
資金調達が難しい人は審査基準を満たしていないと判断される確率が高いと言えます。

そこで職種に当てはまらない自営業者での申し込みでの利用ですが、こちらは前年度の収入に関する証明書が必要になります。
SOHOという形態で事業を行っている場合でも、確かに事業収入があることを証明する必要があるので難しいと言えます。

その他、学生や転職活動中で内定をもらっているケースですが、こちらも正式な就業ではないので無収入の状態とされます。
総じて専業主婦であれば一部のカードローンが利用でき、その他については収入があることが条件です。

就職した当初も然りで、安定したと条件に掲げている通り、勤続年数に比例した安定度もチェック内容です。
主婦を除いて無職の人はカードローンの利用ができないというのが一般的ですが、ブラックリストの人もOKなどという、お金に困っている人には魅力的な条件を提示するのは、ほぼヤミ金業者です。
街金から紹介されたからといって、審査もチェックもなく融資するという条件は手を出さない方が賢明です。
多重債務者にはカードローン会社もお金を貸してくれませんが、ヤミ金業者は顧客を利用しますので、相手がどのような金融業者または金融会社で、きちんと登録しているかなども確認しておきましょう。

sck1108-fru01-02自由に使えるカードローンサービスはこちら!