カードローンの申請と在籍確認

カードローンの申請で先ず自社の貸付基準と信用情報機関での調査によって審査結果が出ます。
在籍確認は審査結果の通知と共に行われることが多く、金融会社によってはタイミングが前後します。

しかし、ほとんどの会社で在籍確認は行われます。
その理由は在籍確認を行うことで収入の裏づけがとれるからです。
個人向けの融資でも返済能力のない人にはお金を貸してくれません。
収入の有無はカードローンの審査の中では重要なことです。

しかし、その確認となると高額融資や総量規制で必要となる金額を超えなければ、基本的には要りません。
対顧客のビジネスとして手続きや確認作業に手間やコストをかけるのはわりに合わないことも理由です。
その代わりに在籍確認をとらしてもらうというのが金融会社のスタンスです。

在籍確認書類への記入や提出などはなく、簡単な電話確認で済みます。
勤務実態が分かれば申告内容通りであることも把握できますし、収入が確かにあることも裏づけできます。

そのためにカードローン会社は勤務先に在籍の確認をとるのです。
基本的に確認の電話のタイミングは事前に指定することはできません。
いつ掛かるかは金融会社に委ねられています。

ただし、事情は考慮してもらえます。
外回りが多い場合は誰かが出て、不在と伝えられるだけでも勤務している事が確認できれば十分としています。
また、電話の内容も個人名でかけていますので、職場の人に消費者金融から借金している事を知られる心配もなく、会社名を名乗ることもありません。金融会社によっては代用確認で、給与明細書など在籍の証明となるものがあれば同じ効力を持つとして確認完了の範囲としています。

これは金融会社のスタンスと審査の状況で変わるので、実際に利用した方の口コミは参考になります。
どのタイミングで掛けてくるのか、審査の状況を詳しく知ることもできます。
カードローンの中には社会保険に加入していることなどが条件ですが、在籍確認を不要としています。

これも代用確認の一種で、チェックしないことではありません。
いずれも確認方法やスタンスは違うものの、在籍していることを確認することはカードローンの利用の可否を決める決め手です。
在籍確認後審査に通ればカードローンの利用は可能ですが、在籍確認電話なしというのはできません。
申込はWEB完結可能ですから、正しく入力し記載漏れがなければ利用しやすいと思います。
借りたお金を返済する時には、利息がふくまれますので、収入と支出のバランスを考えて利用しましょう。

sck1108-fru01-02自由に使えるカードローンサービスはこちら!