カードローンで借り入れの手順

カードローンを使って初めて借り入れを行う人は、その手順を確認しておきましょう。
いい加減に申込めば後で不利な返済状況を招くこともありますが、返済計画を立て返済金額を常に把握するなど安全な手順で手続きを行えば問題なく借りることができます。個人向けの融資なので担保も保証人も不要で申込できます。

最初に行うべきことは、カードローン会社を選ぶことです。
これは決して簡単なことではありません。
無利息という一見魅力的な条件もありますが、これには期日までに完済するという条件があるので注意しましょう。
カードローン会社はたくさんの数があって、それぞれの会社によって特徴などが異なります。

どこを利用するかで返済の仕方にも影響してきますから、よく特徴を比較して安心できるところを選ぶようにしましょう。
カードローン会社が決まったら申込を行います。

これは店舗に出向いて行うこともできますが、電話やインターネット、専用ATMからでも行えるところがあります。
この辺りは会社ごとに確認をして、自分に合った方法で申込を行います。
申込をしたら、必要書類の提出を求められます。
必要書類は業者によって異なりますが、一般的には本人確認書類、収入証明書などが必要となります。

一般の会社員であれば給与明細、個人事業主であれば確定申告書を提出することで収入証明ができます。
審査に通過できたら、お金の受け取り方法を決定しなければなりません。
窓口で受け取るのか、自分の口座に振り込んでもらうのか、または提携ATMで借りられるようにするのか、いずれかの方法を選択します。

お金の受取方法に合わせて、返済方法についても決定しなければなりません。
返済方法も各種の方法があります。
これも窓口返済をはじめ、コンビニ返済、自動口座引き落とし、ネット返済などがあります。
返済方法も重要な項目なので、慎重に考えて選ぶようにしましょう。

ここまで決まったら、あとは決めた方法でお金を受け取るだけです。
借りるだけならこれで終わりですが、お金を借りたら返さなくてはなりません。
シミュレーションなどを使って事前に安全な返済計画を立てておくことはもちろん、ちゃんと完済できるまでは決して気を緩めずに、いつも期日を守って返済を続けるようにしてください。
以上がカードローンでの借り入れの手順です。

カードローンといっても借金をするので、借入金には利息がかかります。
専業主婦でも申し込み手続きをすれば利用可能なところがありますが、審査もありますし利子や利率を考えておく事が大切です。
便利なサービスだからと後先考えずに借りてしまえば、返済できなくなり自己破産したケースもあるので注意してください。

sck1108-fru01-02自由に使えるカードローンサービスはこちら!