カードローンとその限度額

様々な金融業者が行っているサービスとしてカードローンがあるわけですが、申し込み者の好きな金額を無制限に借り入れできるというわけではありません。
多くの金融業者では、最大で利用できる限度額が設定されていて、500万円からそれ以上の高限度額となっている金融業者が多いと言えます。
カードローンの利用を考えている人が申し込みを行うと、金融業者によって審査が行われて、その審査の結果によってそれぞれの人の利用できる限度額が決められることになります。

審査では年収や年齢、勤務先の情報などについて総合的に判断されますので、利用者個人によって借り入れが可能な利用限度額は異なります。
初めて利用するときには、収入証明書など書類提出もなく原則50万円以下の融資金額からスタートすることが多くて、継続的に支払い期日を守って返済を行うことによって、返済実績を積んでいけば限度額の引き上げを申請することができるようになりますので、こういったポイントは上手く活用しましょう。
限度額の増額申請の方法は金融業者によって異なるものとなってきますが、ATM情報で確認できる場合や、フリーダイヤルによって申請する方法、ホームページにアクセスをしてログインすることで増額申請をすることができます。
総量規制という法律による制限もあって、消費者金融業者の場合には貸金業法による融資サービスとなりますので、総量規制が適用されるために年収3分の1を超えて融資を受けることができません。

銀行のカードローンに関しては、銀行法による融資サービスということで総量規制の対象外になりますので、年収に関係なく利用することが可能です。
借り入れの希望金額が50万円を超えないときには、収入証明書の提出をしなくても借り入れが可能な金融業者が多いですので、そのような金融業者を選択することで手続きを簡単にすることができるのでおすすめです。

申し込みをしたときに審査スピードが速くて、すぐに融資が受けられるかどうかに加えて利用限度額も示してくれる業者であれば、どのぐらいの融資が受けられるのかわかりやすくて便利です。
総量規制対象外といっても、審査基準は同じですし、審査以外で有利になるのは利息がやすい事くらいです。
審査内容は非公開ですが、ある一定の水準を満たしていない人は対象外となりますので、審査に落ちる可能性もあります。
カードローンは借りたお金の使用目的は原則自由です。

ただし返済の目途が立たないのに借りてしまえば、借金ですから利息も発生しますのでお金に関する意識はきちんと持っておくべきでしょう。
利用に制限がある場合は、簡単に一本化や乗り換えができません。
融資額にもよりますが、年利や返済方法なども一括比較して自分に合ったカードローンを選びましょう。

sck1108-fru01-02自由に使えるカードローンサービスはこちら!