学生がカードローンを利用する際の注意点

近年では銀行や消費者金融のカードローンが幅広い職業や年齢層の人が利用しやすくなっていますので、学生でも借り入れが可能なケースが増えています。
学生が金融機関のカードローンを使うときの注意点としては、多くの業者が20歳以上でなければ借り入れできない条件となっている事です。

こういった事はホームページにも説明がありますし、利率なども考えておくのは大切です。
20歳未満の人は申込をしても借入れができないことを把握しておきましょう。
また、カードローンの申し込みをしたときには、必ずそれぞれの業者ごとに審査を受けることになりますので、一定の収入があるかどうか確認されることになります。
多くのカードローンのサービスを行っている金融業者では、一定の収入があることが条件となっていますので、アルバイトやパートをしておくことで審査を通過しやすくなると言えます。

まったく収入を得ていない場合には、無収入であっても融資が受けられる金融業者から借り入れをしなければならないと言えます。
自身の収入がない場合であっても借り入れ可能な金融機関のサービスとしては、三菱東京UFJ銀行のバンクイックがあります。
バンクイックでは条件として学生でも借り入れが可能となっていて、学生が申し込みをするときには親権者の同意が必要になります。

借り入れが可能な限度額について、最大で10万円までと決められています。
10万円全額借りる事も可能ですが、利用限度額の増額はできません。

このように学生がカードローンを使うときには、それぞれの金融業者ごとに条件が異なる可能性があるので、事前に確認しておくことをおすすめします。借り入れ契約を行うときには、運転免許証や健康保険証の提示が必要になります。
バンクイックであれば借り入れ限度額が100万円以下のときには収入証明書の提出が不要となっていますし、多くの消費者金融のカードローンを利用する場合であっても、50万円以下の限度額であれば収入証明書や確定申告書を提出しなくても良い金融業者が多いですので、それらの金融業者を選択することで借り入れのための手続きが簡単になります。

また、バンクイックでは専業主婦がお金を借りることも可能です。
必要書類は学生が借りるときと同じですが、配偶者の同意がなくても自身の身分証明書があれば申込可能です。
利用限度額は低めですが、自身に収入がなくても無理なく毎月返済できますし、夫に内緒にしておきたい主婦の方にもメリットは多いと思います。

ただし延滞をすると信用情報機関に記録が残りますので、問題がある人として新たな貸付申込などに影響が出ます。
実際にこういった事例も多いので便利なサービスでも、借入残高を確認しながら遅れる事なく返済出来るかどうかを検討するのも大切です。

sck1108-fru01-02自由に使えるカードローンサービスはこちら!